メニュー

創建の家づくり

企画型住宅(工法)

基礎パッキン工法

method_packing_img基礎パッキン工法により床下の隅々まで換気が可能。 基礎はもちろん耐久性を考えたベタ基礎です。基礎上に全周換気を実現でき、換気能力向上と土台木材の湿潤を抑え、基礎への開口欠損がなく安定した基礎耐力を確保できます。

 

 

ベタ基礎施工

betakiso建物の底面を鉄筋コンクリートで支えます。
地面からの湿気やシロアリの被害を少なくします。
また、従来の布基礎よりも地震に強いとされていて、当社ではベタ基礎施工を標準としています。

 

快適性をつくる工法

method_comfortable_img通気性の良いさわやかな住まいのためには外壁材の下地にJIS規格適応の透湿防水シートを貼り床下から壁の内側、軒先、棟まで空気が自然に循環し通気性を持たせる工法です。こうした構造により、床下から湿気を逃がし室内の湿気のこもり、壁の結露を防止し、夏の暑さや冬の寒さを効果的に防ぎ、さらに家の寿命も延ばします。

 

 


プレカット工法

precut専門工場内のシステム化された機械加工のため、手加工に比べて加工精度が非常に高く、接合強度も飛躍的に向上しています。

 

 

 

 

全室ペアガラスサッシの採用

garasu新省エネルギー基準(住宅金融公庫・省エネルギータイプ)に対応し、冷暖房費の節約と窓ガラスへの結露防止とともに断熱性の向上、外部騒音の低減により快適な暮らしを実現しています。